「枳(からたち)」……SSブログサイト。(銀魂中心。他雑多。只今ヘタリアとかBASARAとかも。)

WJ感想 

あばばばば、今週号は早め発売だったのですな。
吉原炎上編終結っ。


第二百二十八訓「昼間に飲む酒は一味違う」

・「陽(アレ)が登ってるってこたァ、沈んだのは夜王ってわけかい」
 この登るは昇るでは…?
おっぱ阿伏兎のオッさん生きてたぁああ!!かっけぇな阿伏兎。
・神威「同胞を大切にするのは結構だが、加減したまま力を出し切らず負けるなんて、夜兎の風上にもおけやしないよ。
 お前は夜兎の血を愛でるあまり、最も血に恥ずべき行為を行ったんだ。」
・阿伏兎「俺ァ加減なんてした覚えはないがね。」
     「これからはお前達の時代だ。俺達古い夜兎は夜王と共に月に還るとするか。」
・遊女達を虐殺しまくった神威。そんな神威なので、阿伏兎の事も「弱い奴は必要ない」と言い、殺すかと思ったら、殺さず生かした。世渡り下手な自分の代わりに、上手く立ち回れる奴は必要なんだって言っているが、さてはて。

・神威「真の強者とは、強き肉体と強き魂を兼ね備えた者。そんな者とは程遠い、もろい肉体とくだらないしがらみにとらわれる脆弱な精神をもつ男だ。」
   「だがそれでもあの男は夜王に勝った。」
   「…面白いだろう、やっぱり宇宙は広いね。夜兎が最強を称するにはまだまだ早かった。まだ宇宙にはいたんだよ。俺達とは全く別の形の強さをもった連中が。」
   「侍という、夜兎に匹敵する力を持つ修羅」
   「ワクワクするじゃないか。あの獲物は俺のものだよ、誰にも手出しはさせない。」
 銀さん逃げてぇえええええ!!!!ちょ、銀さん、変な人にもてすぎ。www

・まさか神威が元老院を押さえてくれるとは思わなかった…。そこまでしてやりあいたいんかー!!!銀さん逃げてぇええええ!!!
・神威「だって阿伏兎言ってただろ。宇宙の海賊王への道を切り拓いてくれるって。
 阿伏兎「それとこれとは別だろ!!オイ!きいてんのかオイ、すっとこどっこい」
 尻拭いご苦労様っす!苦労するNO2な阿伏兎にちょっとメロりん。

・鳳仙「神威。お前もいずれ知ろう。年老いた己が来た道を振り返った時、我等の道には、何もない。
 神威「…旦那、俺はそれで結構だ。欲しいものなどない、振り返る事などない。前しか見えない、眼前に広がる新たな戦場、それこそが俺の求めしもの。
 誰よりも強くなるため行く。何よりも強くなるため進む。たとえそこに護るものなど何もなくとも。」
 強い奴に、会いに、行く!こんな神威がこの先どう変わっていくかが見物ですな。神威にいまいちはまれないkazaneさんだったんですが、今週号読んでちょっとだけ好きになれた…か、も。

・星海坊主きたー!!会いたかったヨぱぴー。鳳仙の墓参りに来たか…。互いを認め合う好敵手同士だったんだろうな。喧嘩する程仲が良い。
・銀時「ダチ公だったか。悪い事しちまったな。」
 星海坊主「いや…ムカツク奴程いなくなるとな……。お前の墓参りもいくことになりそうだ、良かったな。」
 銀時「いや俺の方がいくわ、通いつめるわ。」
 星海坊主「いやさらに俺はそれを上回っていく、ジェット機でかけつける。」
 銀時「いや俺のジェット機の方が早い。」
 星海坊主「いや俺のジェット機の方がチケット安い。」

 どういう喧嘩だぁああ!!!ムカツクからテメェ早く死ね☆彡 って事ね☆彡

・星海坊主「奴は吉原になど興味はない。奴が興味があるのは…お前だ。
 余計な連中がお前達に手を出せぬよう、吉原を手に入れた。結果吉原は救われたが…。
 お前…殺されるぞ。
 銀時「そうかい。今度会ったら助かったと言っといてくれ。」
 いついかなるときでも飄々としている銀さんが大好き。

・星海坊主「お前ならどうする。神楽の前で奴に命を狙われた時、お前ならどうする。」
 星海坊主「……もしかしたらお前なら、俺と違う答えが……。」
 星海坊主が過去犯してしまった過ち。銀さんならどうするだろう…。
・最後のパピーの「死ぬんじゃねーぞ。」の一言に、銀さんに対する信頼感を感じた。

・つか何だよ。銀さんあんだけケガしたのに、もう全然だいじょぶそうじゃないかっ。後日談だからもうかなり日が経ってんだろうけどっ。強いな丈夫だな銀さん!!
・新しい吉原が作られていく。子供達に見せても恥ずかしくない、立派な街が。…って、どのへんが変わったの?
・銀時「遊郭がなくなってヘルス、ソープなど増えた。あとキャバクラ、おさわりパブなども人気だなウン。」
 「ヘルス濡れんちゅ」ってΣ 少年誌ぃいいいっこれ少年誌ぃい!!!
 新八「全然変わってねーだろうが、全然子供に恥ずかしいだろーが!!何?って聞かれても答えられねーよ」
 銀時「まままま、今までは強制されてたのが問題だったわけだから。今は選択の自由があるわけでしょ。着物だけじゃない、ナースにミニスカポリスとか色々……」
 新八「それアンタが自由になってるだけだろ!!」
 コスチュームプレイも好きなのね銀さん……。
・あれ、さっちゃんみたいな人も居る(笑)

・新八「ちょっとォォォ、これ晴太君大丈夫なんですか!!ちゃんとまっとうな生活送れてるんでしょうね」
 月詠「ああ、晴太なら大丈夫じゃ。日輪と共に寝泊りし、おもちゃ屋でバイトしておる。」
 新八「ああ良かった、子供らしい店もあ…って、ただのモザイク屋じゃねーかァァ!!
 大人のオモチャ☆彡…少年誌ぃいいいっこれ少年誌ぃい!!!
 新八「悪いけど今おもちゃ屋言われた時点で予想ついてたから、くるなって思ってたから!!」
 月詠「そうか、次は頑張るとしよう。」
 新八「頑張んなくていいんだよ!!ボケてんの!?ナメてんの!?」
 晴太「あっ銀さんみんなァ!!久し振り!!」(うぃ~~ん)
 新八「お前はモビルスーツみてーな音出して近付いてくんじゃねェェ!!」
 バ○ブ持って走ってくんなぁああ!!!!www 月詠がかなりボケキャラに。可愛いなオイっ。

・日輪「どうだい、私達の街は。」
 神楽「どっかの街とそっくりアル。」
 銀時「そうだな、俺達の街と何にも変わらねェ。
 下品で、凶暴で、優しくて、冷たくて、笑顔も、涙も、お天道様もある。ただの普通の街だ。」

・手の届かない高嶺の花であった、吉原一の絶世の美女に酒を注がれる。けど堅苦しい中で飲む酒よりも、今の酒の方がよっぽど美味しいだろうなっ。

・吉原炎上編終了。長かったな、でも面白かった。しっかし銀さん、背負うものまた増えたな…。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |
04 故郷を恋しく思う時 | HOME | ニコニコ動画より。(ギャグ漫画日和とか銀魂とか)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

          09« 2017/10 »11          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kazane

Author:kazane
只今メインは
「銀魂」
サブに
「ヘタリア Hetalia Axis Powers」
「戦国BASARA」etc...

SSやら戯言を書き散らすブログ。

カテゴリー

最近の記事

Twitter

一言メモ的な。

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック