「枳(からたち)」……SSブログサイト。(銀魂中心。他雑多。只今ヘタリアとかBASARAとかも。)

伸ばす両手 


 少女は言う。

 貴方達はまだ幸せよ。運命に抗うだけの力が有るのだから。
頑張っても努力しても結局何も出来ない、何も持たない凡人は、ただ流されるままに生きるしか無いのよ。
 どんなに大声を上げて泣いても、どんなに声を嗄らして嘆いても諦めるしか無い──そんな無力感に苛まれた事が、貴方には有るの?等価交換?そんなモノクソ食らえよ。等価で引き換えられるモノ何か、大事なモノの中には有りはしないわ。誰だって生きる為に大きな犠牲を払い続けるのよ。罪を冒した禁忌の身体?地に墜ちた英雄?笑わせないで。それだけの事が出来るだけでも幸せだと思える人間だってここに居るのよ。大勢、居るのよ。
 両足があったって、ただ引き摺って歩き続けるだけ。祈り続ける事しか出来ない。その虚しさが貴方、判るの?

 諦念する事に最早慣れ過ぎた女の顔がそこにあった。


 有る、地獄すらとうの昔に見た──瞬間そう叫び返したかった。未熟では有るが力は確かに有る。血の滲む様な努力もした、血反吐を吐く様な経験もしてきた。その結果得た能力。確かに自信に裏付けられた力がオレには、有る。
 だが同い年位の少女の顔に浮かぶ諦観の表情を見てしまうと、軽はずみに「地獄」などという言葉を使って良いのだろうか、と躊躇してしまった。確かに世の中にはもっと酷い辛酸を舐めている者も居るのだろう。この世にはオレも未だ見知らぬ現実が山程有るのだろう。
 オレはまだまだ世を知らぬ小さな子供でしかないのだから。
語る言葉だけが立派に飾り付けられたとしても、相手の心には届かないだろうから。
 ナルシズムに浸るのは、もう止めだ。

 ──デカクなりたい。この身体も、この精神も。
誰にも負けぬ程デカクなった両手で、大事なモノ全てを護りたい。
誰にも負けぬ程デカクなった心で、大事な奴等を包んでやりたい。
未だ小さく短い己の両手を精一杯空に伸ばす。それでも届かぬ太陽を、今はただ睨み付けた。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |
WJ感想 | HOME | 淡いリアル

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

          08« 2017/09 »10          
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

kazane

Author:kazane
只今メインは
「銀魂」
サブに
「ヘタリア Hetalia Axis Powers」
「戦国BASARA」etc...

SSやら戯言を書き散らすブログ。

カテゴリー

最近の記事

Twitter

一言メモ的な。

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック