「枳(からたち)」……SSブログサイト。(銀魂中心。他雑多。只今ヘタリアとかBASARAとかも。)

衣服 


31 セーラー服
 軽い、ハグ。触れ合うだけの、Kiss。
子供同士の様な、戯れ。此処迄は赦された。此処迄は赦される。
付き合っても居ない、好き合っている訳でもない。だが欲望だけは加速する。

なァ、何時になったら其の衣服の下の、白い膚と熱い体温を感じる事を赦してくれる?
其の細い肢体を組み敷く事を赦されるのは、何時?

ふわりと触れる、相手の胸のリボンを見詰めながらそう思う。
欲望の欠片も無い様な面をしていると自他共に認めている癖に、我ながら動物的だと、思う。


32 体育服
 伸びやかな肢体。細長い手足。華奢な身体。
最近、何故か必ず視界に入るのは、アルアル眼鏡女だ。好きでもなんでもない筈なのに。
糞ったれ。如何かしている。

「あんだ総悟、あんな発育不全のガキが好みか。」
幼馴染の腐れ縁に気付かれたのが運の尽き。そう揶揄ってくる奴に鼻フックを仕掛ける。
──勝手に俺のモン、見てんじゃねェよ。
そしてまた向かう視線の先は、運動場に居るアイツの方。
糞ったれ。如何かしている。


33 制服
 息苦しいヨ。脱ぎ去りたいヨ。
子供だけど、もう子供じゃない。もう子供じゃないけど、子供で居たい。

喧嘩だけをしていた奴から、違う視線を感じ始めたのは、つい最近。
全然男臭くなかったアイツなのに。
触れた身体が、男の身体だった事を意識したのは、何時?

嫌だヨ。嫌だヨ嫌ダヨ。でも──嫌じゃない。
でも…ねェ、まだこのままの関係じゃ、駄目なのかナ?


34 ネクタイ
 好き。好き。好き。あの人が好き。
広い背中が好き。低いあの声が好き。やる気の無い貌が好き。
長い手足が好き。大人の身体が好き。骨ばったあの手が好き。
其の手で、気だるげにタイを緩めている仕草が、好き。

──視界の隅に、他の視線を感じながらも、私は先生を見詰める。


35 白衣
 あの女が、誰を見ているか、気付いてしまった。
何故気付いたかって?
ンなもん。…俺が一番あの女を見ているから。
だなんて、死んでも云えるか、この野郎。

白髪のボサボサ頭、くたびれ薄汚れた白衣姿の、間抜け面のあの男。
如何見てもうだつの上がらない、冴えない男。
何でィ…あんな野郎のどこがいいんでィ。
そう呟いて唇を噛み締める。青い。青い。青い感情。

睨み付けていたら。不意にあの男が笑い掛けてきた。
感情の見えない其の目。嫌な貌だ。嫌な笑顔だ。嫌な目だ。嫌な、嫌な。
──…成る程ね。全部お見通しってかィ。
糞ったれ。

己の中の抹殺リストにアイツも追加決定。

| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |
WJ感想 | HOME | アニ魂感想(137話)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

          07« 2017/08 »09          
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazane

Author:kazane
只今メインは
「銀魂」
サブに
「ヘタリア Hetalia Axis Powers」
「戦国BASARA」etc...

SSやら戯言を書き散らすブログ。

カテゴリー

最近の記事

Twitter

一言メモ的な。

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック