「枳(からたち)」……SSブログサイト。(銀魂中心。他雑多。只今ヘタリアとかBASARAとかも。)

WJ感想 

ご当地銀魂ポスターが張られるんだって。
大阪の見に行くしかっ。

さて、DQパロ編クライマックス!
睡魔に負けてるので簡易感想です…zzz
と思ったけど、書いてる内に眼が冴えた。ナンテコッタイ。
(2009/03/11:加筆修正)

第二百五十一訓 「そして伝説へ」
・タイトルがまんまDQのパクリである件について。空知センセも私も懐古厨乙乙だわ。

・そうこうしている間にも銀さんのチ○コが着実にドット化していってるんだな、と思うと、つい股間に眼がいってしまいます。
 銀さんのドット化もちょっと見たかったな。股間部分だけでも良いからちょっと見せt(ry

銀時「塗り潰されるのはテメーだよ、バイキンマン。」
 白血球王「これが最後だ、獏。」
 白血球王「白と黒、どちらが生き残るか。」
 銀時「シロクロハッキりつけようじゃねーか。」

 何という息の合いよう。流石兄弟だ。

・銀&白「いくぞォォォォォ」
 の時の両者の顔が、同じ顔なんだけどそれでも若干違うのが、イイネ。やっぱ白血球王の方がイケメン銀さんだ(笑)
・でも銀魂なのに必殺技使ってる事にやはり違和感。
 ジャンプじゃあるまいし。(ジャンプです)

・一人で獏を抑えてみせる、という白血球王に対し。
 銀時「てめェ約束は…忘れちゃいめーなァ。」
 白血球王「…案ずるな。あんな者に遅れはとらんさ。
        俺を誰だと思っている。
       坂田銀時、貴様から生まれた男だぞ。

 かっこいいいいいぃいい。銀さんと同じ顔でそんな爽やかな表情は……反則…っっキュンキュンするっ。銀さんは大抵、斜に構えた不敵な表情するからねっ。こんな正統派イケメン的な表情は少ないから……キュンキュンするっ。

・銀さんの絶対に折れぬ信念。
「己の剣の届く範囲は俺の国だ」
「手に届く範囲の仲間だけは、何があっても護る」
という事。そんな願い、エゴでもあり無謀でもあり無茶でもあるが、だがそれでも決して譲れぬ武士道、侍道。白血球王の事ですら護りたい、と思っている位なのだから。護りたがりなエゴの塊な人。
 それなのに、白血球王の願いを聞き届けたのは、信頼しているから。己が護らずとも一人でも戦える漢である、背中を預けられる漢である、との絶対の信頼があるから。そして何より、白血球王自体も、全てを護りたがるエゴの塊だから。互いの意思を尊重した結果だね。これ以上の多弁は必要ない、野暮だ。
 そう、互いの拳骨を合わせるのは互いに対する信頼の証…!!燃えるぜっ。

白血球王「たま様、申し訳ありません。
       俺の役目は、生きることではない、あなたを護ることなんです。
       誰かのために生きる。俺にはそんな事できないけれど…せめて、
       死ぬる時は、友がため…兄弟がために、散らせてください。」
 白血球王「力ならば残っているさ。
       この俺の 生命そのものが。」

 白血球王がメガンテ(自己犠牲自爆呪文)を唱えた……。一途過ぎる…。
 ここまで読んで思ったんだけど。「白血球王=銀さんの複製」だって言われてるけど、この自己犠牲的な献身的なまでの一途さは、銀さんっていうよりもむしろ、芙蓉編のたまに被るものがあるよ。だって銀さんなら、どんなに窮地に陥ったとしても「メガンテ」は唱えないだろうて。絶体絶命の危機的状況の時ですら、
「美しく最後を飾りつける暇があるなら最後まで美しく生きようじゃねーか」
と、生き足掻く事を選ぶ人なんだし。うん、多分銀さんならここは「メガンテ」じゃなくて「一人ミナデイン」的な、「ギガスラッシュ」的な技で打ち破るはずさ(笑)
 ここで「メガンテ」的な技を使う時点で、「銀さん=白血球王」というよりも「(銀さん×たま)÷2=白血球王」だな、と。銀さんも白血球王も、二人とも護りたがりなとこは同じだけど、銀さんには自己犠牲精神は無いよ。自分が死んでも悲しむ奴が居る、って事を誰よりも理解している人だから。どんな時でも「全員生き残る」という意思で動くよ、絶対にね。
 白血球王の外見的なものや性格の基本は銀さんを手本にして作られてるんだろうけれど、銀さんそのもののコピーっていうよりも、銀さんとたまの合いの子みたいなイメージになってしまった。まるで銀さんとたまの子供みたいな印象を受けたよ。銀さんのデータを基にたまが作ったんだから、あながち間違いではないかな?

 メガンテ→自らの命と引き替えに敵全体に大打撃を与える。
 ミナディン→パーティ全員のMPを消費して、敵1体に巨大な雷を浴びせる。
 ギガスラッシュ→何か凄い技。


白血球王「──貴様等ウィルス如きに
       この白血球王が…この…
       坂田銀時が 負けるかアアア!!」

 熱い展開…っ。あぁやっぱり、なんやかんやいっても白血球王は銀さん色が強いなっ。熱いっ。
 そういえば、今回背景凄く描き込んであるなぁ、と思った。作画自体は荒れ気味なのに。

・白タイツに着替えるだけで良いんかぃいい。
・子作りにクソ吹いた。でも見たところ、男しか居ないっぽいんですけどぉおお。女はどこぉおおお。雌雄同体なのか?どうなんだ?それとも分裂するのか?分裂するのか??

・倒れる白血球王。死しても代わりなどいくらでもいる代用品、と自分を卑下する白血球王。
 白血球王「──兄弟、──友達。たかがコピーに、短い間で色々呼び名がついたものだ。」
 己が誰かの分身である、コピーである、複製品である、との自覚があるという事は一体どういう感じなんだろう。どういう感覚なんだろう。やはり、オリジナルへの抗えない劣等感のようなものは消せないんだろうか。でも白血球王の場合、己の役割をきちんと理解しているから、劣等感というよりも、ただの自己自認だけかな。

・けれどもそんな白血球王に対し、お前は代用品などではない、と再び諭す銀さん。それどころか自分よりも大した野郎だ、と述べる。
 銀時「だから死ぬんじゃねェ。
     ダチなんぞのために死ぬんじゃねェ。
     ダチのために、俺達のために、生きろ。」

 「もう少し生きたい。」たまを護るためだけに存在していたはずの白血球王。そんな彼の中に芽生えた願い、感情。己の命を粗末に扱ってきた彼だが、その命はもう決して、彼自身だけのものではないんだよ…。
 過去、抱えていたものを一度全て失った銀さんが言うからこそ、「生きろ。」この言葉に凄い重みを感じるよ。

・銀時「もうてめーの命は、てめーの好き勝手できる所にありゃしねーんだよ。
    お前はもうたまを護るだけの存在なんかじゃない。
    お前が護った分だけ、お前を護ってくれる存在がいるのさ。
 あぁ、やっぱり人ってぇのは、他の人との繋がりでもってして己自身を確固たるものとしていくんだな、そう思ったよ。
 
・白血球王の体内に入り修理する、というたま。あれ、源外のじーさんまで!?あれ、ここ、たまの体内だよね?もう既にちっちゃくなってるよね?更に小さくなるのかぁああ!!??白血球の、更に白血球並みの大きさになるつもりかぁあ!!??どんだけ小さくwww

銀時「忘れんなよ。オメーの白血球は内側じゃねェ。
    ここにいることを。」
 白血球王「貴様も忘れるな。貴様の白血球は外側だけじゃない。
       たま様の中にもいることを。」

 パンっ…っに激しく燃えた燃えた燃えた。ハイタッチハイタッチ!!
 これもまた、一つの絆の形。銀魂らしい締めくくりでした。

・ライバルもえ、いがみ合いもえ、共闘もえ、背中合わせのような隣同士のような関係もえ、同士もえ、兄弟もえ、DQもえ、勇者もえ、銀さんもえ、銀たまもえ。
この全てが満たされてもうスパーキングッしましたよkazaneさんは。空知センセ有難うっ。面白かったっ。
 白血球王、またいつか出てきて欲しいな。準レギュラーとはいかなくても、たまの話する時にでもチラリ顔見せ、とかさ。打出の小槌Z作ってでかくなってお外に来たりさぁ!!!それでまたてんやわんやあったりしてさぁ。

 銀時「そろそろその顔でそのコスプレやめてくんなぃ、やめてくんなぃっ頼むからっ。」
 白血球王「貴様もその顔でそんな間抜け面は止めろ、300Gあげるから頼むから。」
 銀時「Gってなんだよ、んなもん使えねーよ、子供銀行かよ。」
 白血球王「寄るな触るな近寄るな。貴様の菌で俺が死ぬ。」
 銀時「キアリィイイイ!!!」


 みたいなっ。
 G→ゴールド。DQ世界の通貨。
 キアリー→味方一人の毒の治療呪文。





ドラゴンクエストⅢのED「そして伝説へ」をいろいろ集めてみた(修正)
そして伝説へ…!!!白血球王、お前は真のロトの勇者だぜ…!!!
何度聞いても泣きそうになる件。



・巻末コメント。
 「バレンタインチョコ届きました。いつもオッサンをもててる錯覚に陥らせてくれてありがとう<英秋>」
 銀さんだって他キャラだって、全部アンタの分身でしょ、もててるよ先生(笑)
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |
エヴァンゲリオン | HOME | ブログ記事の整理がしたい。

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

          05« 2017/06 »07          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kazane

Author:kazane
只今メインは
「銀魂」
サブに
「ヘタリア Hetalia Axis Powers」
「戦国BASARA」etc...

SSやら戯言を書き散らすブログ。

カテゴリー

最近の記事

Twitter

一言メモ的な。

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック