「枳(からたち)」……SSブログサイト。(銀魂中心。他雑多。只今ヘタリアとかBASARAとかも。)

戦国BASARA(第3話)感想  

第3話 「風来坊 前田慶次 !」
あらすじ:
奥州へと戻った伊達政宗は、織田信長の前に沈黙した己に自問するかのように剣を振り続けていた。
そこへ、諸国の武将を訪ね歩いているという男・前田慶次が現れる。天下布武の号令のもと、非道の限りを尽くす織田に対抗するための同盟構想を明かし、政宗を誘う慶次。もとより他国と組む気などない政宗は、苛立ちまぎれに勝負を持ちかける。
小十郎だけが見抜いていた桶狭間での沈黙の本質――自問の答えを、政宗は慶次と刀を交えるなかで見出してゆくのだった!


・はちゃめちゃなバトルだけでなく、ちゃんとストーリーも練って作ってくれてるのが嬉しいです。もう三話目だもんっちょっとやそっとの事じゃ驚かないよっ。作画も素晴らしいです。

・ゲームの方じゃあっちへフラフラこっちへフラフラしているだけに思えた慶次だけど、アニメだとかなーりの重要ポジションに。皆の橋渡しをする役目、というと幕末期の坂本龍馬を思い出す。この人もやっぱり破天荒な人だったみたいだしねっ。ぴったりだねっ。
 実は、加賀の前田家は私の母方のご先祖様だったりする…とかばーちゃんが言ってました。ほんまかいな。といっても、直径筋では全くございません。ほんまかいな。傍系の遠い遠いご先祖らしいんで。ほんまかいな。現在の前田家当主はちゃんと金沢にご在住らしいです。
 他の史実キャラでもそうなんすが、自分のご先祖様がパロられてるのってどういう気持ちかなぁってふと思うこともあるんですが。私は流石に傍系過ぎて何も感じませんわ(笑)

 閑話休題。

まつ「ゆけ、次郎丸!」
 ゲームの技ktkr。つかどこから動物出してんだよっ(笑)

・利家とまつ夫婦は可愛いなぁ…ほんわか。
 でも利家様のセクシーショットだけは頂けない。トシの股間映さないでwww

・上杉主従、謙信×かすがの百合ップルは毎回デフォで入ってくるのですねっ。いいぞもっとやれ。(注:軍神には性別などありません)

・その百合っぷりを冷めた目で見ている慶次が居ましたよ。
 止めてあげてっ変な子見る眼で見るのは止めてあげてっ!!
 慶次「アンタ、ほんとに忍びなのか?」
 ですよねー。

・伊達軍の柄の悪さは異常。筆頭スキスキ度も異常。こじゅの野菜好きも異常。

・雨の中剣を振るう政宗。付き従う小十郎。その元へ慶次がやってくる。
 慶次「奥州名物、独眼竜ってのは、アンタかぃ。」
 政宗「アァ?」
 慶次「門番やってる連中にここだって聞いて。」
 政宗「餅が食たけりゃ茶屋へ行きな。」
 慶次「…簡単には食えそうにもねぇな。」


 政宗「何処の祭りへ行った帰りだか知らねぇが。
     やけにhappyな野郎だな。」

 ゲーム内と似通った台詞が聞けて嬉しい。つか 食 う な 。
 筆頭がえらいピリピリしているな。前回の、魔王に対してビビってしまった自分自身に対してむかついてるんかね…。でも、
 ビっビビってなんかいねぇよ、ちょっとびっくりしただけだ。(中の人ネタ)
 って感じにごまかしたりしない、自分に対しても嘘を付かない政宗様が超格好良いです。

・場所は変わって武田主従話に。武田主従の漢パンチ合戦も毎回恒例なのか(笑)
 おやかたさばに殴られても殴られても駆け寄っていく幸村がもう犬にしか見えない
 信玄公は政宗の事理解してるんだな。それに対する幸村の未熟っぷりを認めさせる為の漢パンチなのね。

・手を組もう、との声を掛ける慶次。だが。
 政宗「生憎だが。俺は人の下に付く気はねぇ。」
    「…どうしてもってんなら。力ずくで捻じ伏せな。」

 筆頭格好良いよ筆頭。見下すその目線が好き…!!
 でもなんかやーっぱ言動全てがエロ臭いですっ。筆頭エロイよ筆頭。(笑)確かに、こういうプライドの激高い奴程力ずくで捻じ伏せてみたくなるもんだ。(笑)
 でもまぁ、筆頭ならばこういうとは思っていた。この男が誰かに従う訳が無い。無理矢理頭を垂れさせても油断した隙に喉笛に噛み付かれるよ。っつーても…同盟組む位は良いじゃないの、と思うんだけどさ!?天下を治めたいって気持ちは判るし誰にも従わないって気持ちも判るけど、そこに至るまでの過程でも、少しでも犠牲を出さぬ道を選ぼうぜ!?(笑)
 筆頭は猪突猛進バカですね、判ります。まぁBASARAだからっ(笑)

・政宗VS慶次。バトルシーンのスピード感すげぇえええ。歯を剥いてシャウトする筆頭かっけぇえ。
 最初、右回りに回りこんで斬りかかってたけど、右目が無いからこそのこの動きなのかなぁとか。

・また場面転換。かすがと佐助良いね良いね。かすがの、謙信以外への見事なまでのツンツンっぷり。
 かすがは謙信が誰と仲良くしても嫉妬するのね。もうーっ偏愛っプリ!

慶次「俺は、トシとまつねぇちゃんが悲しんでる姿だけは、絶対に見たくねぇんだ!!
     アンタにとっちゃ小さい事かもしれないが!!!」

 んな事無いよ、慶次格好良いよ。護るべきものが増えれば増えるほど、取りこぼしてしまうものも大きくなるもんだからね…。傍に居る大切なものだけでも護りたい、そう思って行動も出来る慶次も格好良い漢だと思うよ。

・しょっぱなに「もう三話目だもんっちょっとやそっとの事じゃ驚かないよっ。」
 って書きましたが。
 うん、ゴメン。超驚いた。超噴き出した。

 上空へ飛び上がった筆頭。
 他の五刀を召還する筆頭。
 蒼き雷を纏いながら筆頭の元へと飛んでくる五本の竜の爪。
 六爪となり雷を呼ぶ筆頭。
 蒼き龍が空へと駆け上がる。
 大 爆 発 。


 ライデインktkr。
 うん、ゴメン。超驚いた。超噴き出した。
 政宗様パネェっす!!!!

政宗「他を当たりな、優男のにーちゃん。」
 慶次「…ほんっと。食えないねぇ。」

 伊達男は食えない男です。つか 食 う な 。

・政宗と小十郎。魔王に臆した政宗に対し、安堵したという小十郎。
 小十郎「あれは、貴方様が死ねない、決して死んではならないお立場に在られる事を、全身全霊を以って実感した瞬間に他なりません。
      あれこそ、民の命、誇り、明日を一身に背負うもの、
      一国の主の姿でございます。」

 小十郎「しかしながら、挑まずにはおれますまい。
      奥州の民も、そして兵達も、一蓮托生の覚悟は出来ております。」
 政宗「小十郎…。」
 小十郎「初陣以来、片時も離れたことの無い右目も、此処に居りますれば。」

 小十郎はやっぱり政宗様の事よーく判ってるなぁ…。流石竜の右目。信玄公が幸村に諭した事と同じ事だね。時には引く事も大事。

政宗「誰かがやらなきゃならねぇ。
     …だったら、やるのはこの俺だ。Go straight。
     背中は預けたぜ、小十郎。」
 小十郎「承知。」

 この「承知」って言葉が格好良くて仕方ない。スンマセン、kazaneさん、この伊達主従が好きで堪らないんです。主従萌え燃え!!

政宗「Are you ready guys!?」
 伊達軍「yeah!!」
 政宗「目指すは尾張!魔王の首を取りに行くぜぇ!!」
 伊達軍「yeah!!」
 政宗「OK! let's get serious! !」


政宗はUMAのハンドルを握り、マフラーを吹かして走り出しました。
 目指すは尾張!!!…奥州から尾張ってめさくさ遠いよ?その間の奥州の守りはどうなってんだwww とかの突っ込みはなしでいこうwww
 多分途中で目的見失って脱線して甲斐の若虎辺りと喧嘩したりしてそうです。BASARAだから。
 伊達軍ノリノリだなオイ。ってか行動早いなオイ。
 慶次が伊達軍に紛れ込んでるよーー!!目立ってるってば!
 

・次回「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義!」
 長政様とお市キター!!
| TRACKBACK:3 | COMMENT:0 | + TOP + |
アニ魂感想(153話) | HOME | 沖田の隊長就任について

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

アニメ戦国BASARA感想。 発言者:→宵里、→春女です。 「かすがは毎
2009/04/21(火) 23:12:43 | 獄ツナBlog5927
戦国BASARAの第3話を見ました。第3話 風来坊 前田慶次!花見をしたことで前田利家の妻・まつに怒られ、前田慶次は追われていた。「遊んでばかりいないで少しは前田家のためにお尽くしなさい!!」「俺、そういうの苦手なんだよな。縛られたくないんだよ」「あなたはまだそ...
2009/04/21(火) 22:27:18 | MAGI☆の日記
博士「やっぱり若本御大が強すぎるからなぁ・・・」 助手「おいおいwww」
2009/04/18(土) 18:06:07 | 電撃JAP
| HOME |

calendar

          05« 2017/06 »07          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kazane

Author:kazane
只今メインは
「銀魂」
サブに
「ヘタリア Hetalia Axis Powers」
「戦国BASARA」etc...

SSやら戯言を書き散らすブログ。

カテゴリー

最近の記事

Twitter

一言メモ的な。

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック