「枳(からたち)」……SSブログサイト。(銀魂中心。他雑多。只今ヘタリアとかBASARAとかも。)

WJ感想 

とりあえず超簡易感想。


第二百六十訓 「大切な荷程重く背負い難い」
・銀さんは松陽センセ好き過ぎる。シショコン(師匠コンプレックス)過ぎる。

松陽「君がそう?」
 松陽センセが結構飄々とした性格。なかなかの曲者っぽいぞ。流石あの攘夷三バカの師匠だけある(笑)多分、姿形背格好、手の感じからすると男性なんだろうけど…女性の線も捨て難い。
 性別判らないままだと、アニメ化する時声困るね(笑)まぁそんな時には男性女性どちらにでも出来る声優さんを使えば良いか(笑)朴さんとか緒方さんとか?

・松陽「剣の本当の使い方をしりたきゃ付いてくるといい。」
    「これからは剣をふるい、敵を斬るためだけではない」
    「弱き己を斬るために。」
    「己を護るのではない、己の魂を護るために。」
 あ、やっぱセンセが剣をくれたのか。まぁ剣を与えたというよりも、武器を捨てて敵意の無い事を伝えたんだろけど。
 センセはほんと、銀さんの信念の根底を作ったんだなぁ。

・今回のストーリーって、銀さんの怒りっぷりが凄過ぎて正直ついていけなくなってたんだけど。「え、何でそんなにキレてんの?ちょっとキャラじゃなくね?」みたいな。ずっと語ってる通り、銀さんの怒りの方向もちょっと違うなぁとずっと思ってた。
地雷亜が「月詠を苦しめた」事からの怒りよりも、
地雷亜が「銀さんの中の師匠像と異なっている」事からの怒りの方が大きいように思えて、えぇえ…そんな自分勝手な…とか思ってた。
 まぁ銀さんは良い意味でも悪い意味でも自分勝手な人ではありますが(笑)彼の守備範囲(比喩でだけど「己の剣の届く範囲」)が幸せなら良い、己の周囲が良ければ、お上がどうなろうと誰が主君を裏切ろうとどうでも良いって人だからね。そんな人がここまで師匠に拘るなんて相当シショコンだな…と思ってたんだけど。

 んだけど。今週の話を読んで、ようやく理解出来た。
 銀時「臆病者の相手は臆病者で充分だ。
     てめーの相手は、この俺で充分だ。」

 この言葉通り、銀さん、自分と月詠をダブらせてただけではなく、自分と地雷亜もダブらせて見てたんだ。この怒りっぷりは「同族嫌悪」からの怒りだったんだ。同族嫌悪の念というのは、自分でもコントロール不能になる位ドギツイもんだからね…納得出来たよ。すると、今まで地雷亜に言っていた言葉は全て銀さん、自分自身に対して言っている事になるね。

銀時「てめーは背負う苦しみも背負われる苦しみからも逃げた、ただの臆病者だ。」
 大事なモノを持たないように生きている=臆病者 か。
 銀さんって案外自虐的。飄々としているように見せようとしているけど、何だかんだで一番過去に囚われている人かもしれない。
 でも変わろうと頑張ってるじゃないか。今現在両手にあるものだけは護ろうと足掻いてるじゃないか。「あいつ等(神楽や新八)がいないと楽しくなくなっちまった」とも言ってたじゃないか。いつまで過去引き摺ってるのアンタは。

・地雷亜「……いい …それで ……それでいい……」
 最後は月詠に〆て欲しい、とは思ってたけど。これは無いわーー。これは無いわぁあああ。
 とっても後味の悪い感じに…。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |
スイーツ(笑) | HOME | 「戦国BASARA」舞台化決定、だと…?

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

          07« 2017/08 »09          
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazane

Author:kazane
只今メインは
「銀魂」
サブに
「ヘタリア Hetalia Axis Powers」
「戦国BASARA」etc...

SSやら戯言を書き散らすブログ。

カテゴリー

最近の記事

Twitter

一言メモ的な。

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック